2010年10月09日

君が代斉唱

日本の国歌「君が代」

実に重厚で、おごそかで、僕は大好きです

日の丸掲揚の速度にもぴったりだと思いませんか?

それはそうとカラオケにも入ってるんですよこの「君が代」

ところが歌ってみるとキーが結構高い

特に女性には合わないでしょう

ちなみに僕は2つ下げるといい感じ(誰を基準に作ったのだろう)

いつかナゴヤドームで歌うために今から練習しておこう

でもめちゃくちゃ緊張するだろうなぁ・・・アカペラって、どの音から歌いだしていいのかわかるのかなぁ

歌いだしがちよっと高すぎた場合は・・・なんて考えるとやっぱり辞退しておこうかなぁ

僕が大学1年のとき(そうそう僕は法学部出身なのだ)、はじめての講義が「君が代は国歌か?」がテーマでそればっかり あれで呆れてすっかり法律が嫌いになった(別にそれが理由で中退したわけではありませんが)

君が代は立派な国歌に相応しい歌だと思います






posted by たつみ あきら at 23:54| Comment(0) | 辰巳彰のひとりカラオケ特訓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

朝カラ

これまで夜カラだったけど、近頃朝カラしてます

朝カラとはすばり朝のカラオケの事

朝9時頃から10時頃に練習する事に

夜はご近所にも気を使いますし

気分もすっきりしてる朝がいいですよ

どうしても最初のうちは声が出にくいけどね
posted by たつみ あきら at 21:17| Comment(0) | 辰巳彰のひとりカラオケ特訓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

音は毎日微妙に違う

カラオケの音質は一定にしてあるんだけど天候や温度によって毎日微妙に違うの。そんなとき便利なのが
「99DAM」。99を押してからDAMキーを押すと画面に細かな設定が出てくる。それをキー変更のボタンでカーソル移動してテンポ変更のボタンで設定を決める。基本的に一番わかりやすいのが、高音を+に低音を−にする。−1とか−2とかは自分の耳で確かめてね。逆に低音を+にするとポンポン低音が響くようになり、音がこもる。また高音を−にしていくと高音が抑えられ、響きや抜けが悪くなるのだ。歌う前にはこのような微調整が必要です。(追伸:高音の抜けを良くするには高音を変えるのではなく、低音を−にしていくのです。そして高音を上げると低音部に透明感が出てくる。上げすぎるとキンキンになるから注意してね。)

カラオケ喫茶さんへ行くと満員のお店とガランとしているお店があります。どこのお店も綺麗にしてるし、接客態度の良し悪しもあんまり関係なさそう。お客様は音のいいお店、歌いやすいお店へ流れているようです。

エコー(リバーブ)の量も少なすぎると全然響きません。時々プロはエコーが要らないと思っている人も。とんでもない!音ひとつでプロ歌手はすぐに死にます。言葉とくに子音がマイクに乗って余韻が残る、言葉が生きるようなリバーブが必要なのです。またエコーが多すぎても二重に聞こえたり、ぼやけるので良くありません。プロ的には常に声に芯が必要。その芯があって、その周りにほわっという膨らみが欲しい。ゴルフでいうスイートイポット。アマチュア用に芯が広いのは全体がぼやけるから駄目。プロ仕様のスイートスポットが狭くてしっかりしてるのがいい。一点集中型。その方がコントロールできるから。マイク(音)も全く同じです。芯がしっかりしてて、それでいて適度なリバーブがかかっているといろんなテクニックが使えて「遊べる」のです。

お金をかけなくてもどこのお店でもある程度までいい音が出せるのにもったいない! 教えてあげたいけど、気分を悪くされるといけないから黙ってるけどね。だから今日の僕のアドバイスをヒントにしていただけたら嬉しいです。














posted by たつみ あきら at 08:56| Comment(0) | 辰巳彰のひとりカラオケ特訓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛のままで

来年のスカパーでの番組用にいろいろな歌を練習してるんだけど「愛のままで」いい歌だよねぇ。
そりゃヒットするはずだよ。声の魅力を引き出してくる曲調がたまらない。僕はキーを4つ上げて歌います。

ちなみに時々キーは原曲のままで歌うべきだみたいなことを言う人があるけど、あり得ないぞ!!
キーはオリジナル歌手本人の魅力が最高に引き出せるところに合わせてあるんだから。レコーディングの場でプロデューサーや作曲の先生が熟慮して変えたりもするんだよ。だから皆さんもカラオケするときは自分にピッタリのキーに合わせるが大切。ポイントはまず自分の声の魅力を知ること。低音がいいのか、中音それとも高音?人に聞かせたい「響き」が一番活きるようにネ。
posted by たつみ あきら at 00:12| Comment(0) | 辰巳彰のひとりカラオケ特訓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

白い街

名古屋の歌「白い街」 石原裕次郎さん

石原裕次郎さんが歌った名古屋の歌「白い街」。裕次郎さんの歌の中ではちよっと隠れた名曲だよね。僕の「納屋橋ワルツ」とセットでステージで使えるようにひとりカラオケしてます。白い街って白壁町の事らしいけど、別に名古屋って白くないもんね。DAMの映像を見てると名古屋の街がいっぱい出てくるの。テレビ塔も久屋通りも駅前も。それに比べると「納屋橋ワルツ」の映像は恋する男女が出てくるパターンだけど、名古屋の街が映らない。あれで納屋橋辺りが映ったら雰囲気出るんだけど。
ちなみに「花よりも花の如く」の映像が配信当初、やくざ者がドスを抜いてキラッと光るの。任侠ものになってて全然感じが違ってて。そうしたらファンの方が苦情を言ってくれたらしくて、とたんに綺麗な女の人の映像に代わったの。あれはラッキーでした。そんなわけで「納屋橋ワルツ」もどなたかご意見していただけませんか。
posted by たつみ あきら at 11:46| Comment(0) | 辰巳彰のひとりカラオケ特訓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

矢沢永吉を歌う

矢沢永吉さん最高!!

いつ見ても聴いてもカッコいい矢沢永吉さん。以前高山の老舗レコード店、吉村ミュージックの若社長さんにいただいた矢沢永吉さんのビデオがあるんだけど、何度見てもほんとにカッコいいの。歌はもちろん、音楽への情熱、こだわり、姿勢。まさに僕が目指すものがそこにある!って感じ。それでビデオを見た勢いで矢沢永吉さんになり切ってひとりカラオケするんだけど、これが合わないの。ん〜ちょっと違うなぁって。DAMにLIVEカラオケっていうのがあってそこにはご本人のライブ映像が。それにしても見ているだけで「たまらずSexy In Blue」
posted by たつみ あきら at 22:42| Comment(0) | 辰巳彰のひとりカラオケ特訓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

愛されるほど女は美しい

市川いずみさんの「愛されるほど女は美しい」 by松浦エミ作詞です

この歌、うちの社長−松浦エミ−が作詞して市川いずみさんが歌ってます。「好き、好き、好き」の連続がセクシーでとってもいいです。ジョイサウンドに配信されてます。僕は男だけどひとりカラオケで密かに練習してます。ただDAMにまだ配信されてないのでCDのみ。キーが変えられないのが難点。早くDAMに入れてもらえないかなぁ。

posted by たつみ あきら at 23:39| Comment(0) | 辰巳彰のひとりカラオケ特訓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。